マーケティングメディア「ferret」にてコピー講座連載をスタート

日本最大級のWebマーケティングメディア「ferret」にて、広告コピー講座「コピー学習帳」の連載が始まりました。コピーライティングは、もともとはメディアコミュニケーション領域において継承され磨かれてきた言語化の技術体系。しかし今やコピーライターに限らず経営者(MVV・パーパス策定)、広報(戦略的アプローチ)、採用(スキル人材の一本釣り)、デジマ(マーケ精度向上)などあらゆるビジネスパーソンにとっての必修科目となっています。

そこで、基本的なマインドセットやスタンスから学べる実践的な講座をコンテンツとしてお届けすることになりました。毎回のテーマ内容を身体化するために、各回宿題付き。通常はあまり示されない解答例も翌週に提示します(ないとモヤモヤしてしまうので)。

クライアント:株式会社ベーシック

ferret連載「コピー学習帳」コンテンツ一覧

第一回連載

マーケティングメディアferretでのコピーライティング講座「コピー学習帳」の新連載が始まりました。「言語化」時代においては、コピーは全ビジネスパーソンの必修科目である、という視点でコピーライター以外の人にもコピーの考え方を知ってもらう企画です。初回は「言語化すること」自体を言語化。

今やってる事業を来年もやっているかわからない。という不確実性の時代には業務のとり回しをする人員以外は外注化/AI化される。マニュアル化が可能なオペレーショナルな仕事も同様。社員に求められるのは抽象的な整理とリモートで多人数を動員するコミュニケーション力。重要になるのは言語化のチカラ。あらゆる職種で重要度が高まる言語化力は、コピーライティングの技術体系を学ぶことでテコ入れが可能です▼

第二回連載

旅をするにも、そもそもの「目的地」の場所を見失っていればいくら毎日コツコツ歩みを進めてもどこにも辿りつけない。同じように、これからコピーを学ぼうという人も「広告の目的」をはき違えていれば、闇雲に書き散らかすばかりで何がよくて何がよくないのかがココロの中に歩留まっていかない。広告の目的=態度変容(生活者の「お買い物ポリシー」を書き換えることで、再現性の高い購買行動を生むこと)について解説した記事はコチラ▼

第三回連載

コピー講座連載の3回目は基本スタンスとしての「無視される前提で書く」について。そもそも受け手を遮る「嫌われ者」である上に、情報洪水によって99.9%の情報は無視される。逆に言えば『残りの0.1%』に入るものを書くのがプロの書き手の仕事である、といえます。この自覚を徹底的に持つことが基本。記事はコチラから▼

第四回連載

コピーライティング含めた表現領域は「脳内に新しい考え方の回路」を拓くことなので、割と時間がかかる。最も確実な修行法は、先人の「視点」を辿りながら、自分なりの物事の見方・捉え方を確立していく「写経」と、広告のアウトプットからマーケ推論を重ねる「リバースエンジニアリング」だろう。秘伝の修行法について惜しみなくお伝えしようと書いた記事です。新年の新ルーティンに是非▼

第五回連載

言葉を磨こうと「語彙力」をつけるのはナンセンス。さっきまで書き手である自分が知らなかった言葉は、受け手も知らない。そもそも美辞麗句で人は感動しない。そんなHow to Say?の前に大事なことはWhat to Say?を発見することで、コピー講座の課題が大喜利的なのもコレを見つける力をつけさせるため。第五回目はコピーの最初にする作業=What to Say?の発見について。イメージが湧くように、後書きに実例も載せてます▼

 

TOP